男性の深刻な悩みの一つにEDがあります。
性行為の時に性的興奮があっても陰茎が思うように勃起しないという症状があれば何らかの対処が必要です。
昔はEDに効果のある薬はありませんでしたが、ED治療薬として絶大な効果のあるバイアグラが販売されて、世界中で爆発的に人気がでました。

バイアグラの国内での購入方法ですが、一般のドラッグストアでは販売されておらず病院で処方してもらう方法しかありません。
このため専門の病院に行き、診察を受けて医師と相談の上処方してもらって下さい。
バイアグラの価格は、病院によって多少異なりますが1錠当たり2000円前後します。
少々高いですがその理由は開発費用がかかっているためです。
先発の薬全てに当てはまりますが、医薬品として承認されるには、かなりの開発費用がかかります。
この開発費用を回収するためと先発で開発した会社の利益を保護するため、特許の期限が切れるまでは他社が無断で作ることはできません。
このため開発費用を早く回収できるよう価格設定がなされます。

但しバイアグラの特許期間が終了すれば、他の医薬品メーカーでも同じ製法で作ることができるようになり、ジェネリック医薬品として販売されます。
ジェネリックの治療薬はバイアグラよりも安いというメリットがあるので大体バイアグラの価格の7~8割程度で購入できます。
価格に差がでる理由は、ジェネリック医薬品は開発費用がかかっていないからです。
製造コストだけで良いので安く抑えることができます。しかし製法は同じなのでバイアグラとの効果に差はありません。

バイアグラのジェネリックも基本的に病院で処方してもらう必要があります。
通院に抵抗があるのなら、通販サイトで購入する方法もあります。
通販サイトではバイアグラやジェネリック医薬品を海外から個人輸入する形で購入することができます。
販売サイトに登録すれば、後は希望の商品を購入依頼するだけなので簡単です。

通販で医薬品を買う場合は安すぎるものにも注意

通販サイトは、海外からの医薬品の個人輸入を代行して行ってくれます。
個人で医薬品を輸入するのは、海外の薬品会社への購入依頼や税関手続きなど全て自分で行わなければいけませんので大変な手間と労力がかかります。
このため手軽に購入できる通販サイトを利用するのが良いでしょう。

但し通販サイトを利用する上で幾つか注意点があります。
まずは偽物の医薬品を購入しないことです。海外から個人輸入した医薬品にはかなりの偽物が出回っています。
医薬品が偽物かどうかの判断材料としては価格です。安すぎる場合は注意した方が良いでしょう。
バイアグラのジェネリック医薬品は安いですが製造原価は最低限かかりますので、原価以下の価格で販売されていれば偽物を疑いましょう。
偽物は効果がみられない心配や副作用の心配もありますので、充分注意して下さい。

また安すぎる価格設定の通販サイトは利用しないのが賢明です。
先程説明した通り偽物を扱っている可能性が高いためで、口コミサイトの評価や過去の実績から判断して通販サイトを選択して下さい。
良心的な通販サイトは、こちらから不明点を質問すると丁寧に回答してくれます。
価格も良心的に設定されている場合が多いです。
偽物の不安があれば最初は最低数量のバイアグラを購入して効果を確かめてみましょう。バイアグラは青色でひし形の形状です。
ピルカッターなどで半分に切断して服用し効果が得られるか確かめて下さい。

病院で処方してもらうか通販で購入するかは個人の判断になります。
バイアグラやジェネリックの違いを理解して、自身の判断で最適な方法で入手してパートナーとの性行為を確実なものにし、回数を重ねることで良好な関係を築いて下さい。