カマグラはバイアグラのジェネリックとして、とても人気のあるED治療薬です。
ジェネリックと聞くと先発医薬品よりも効果が劣るのではというイメージを、持たれている方も多いのではないでしょうか。
千発医薬品となるバイアグラの約4分の1という価格でジェネリックのカマグラは購入出来ます。
これだけ安い価格だと、本当に効果があるのか不安に感じてしまうかもしれません。

カマグラに含まれている有効成分はシルデナフィルです。
シルデナフィルはPDE-5という酵素の働きを抑制して、勃起を補助する効果を発揮します。
バイアグラにもカマグラと同じ、シルデナフィルが有効成分として配合されています。
先発医薬品と同じ有効成分が入っているので、ジェネリックでも同じような効果を得る事が可能です。

しかもカマグラの場合、有効成分の含有量が100mgというものがあります。
国内で処方されているバイアグラに含まれるシルデナフィルの含有量は50mgまでなので、含有量だけで比較するとカマグラの方が優れています。
服用方法もバイアグラと同じです。

水かぬるま湯で服用するのですが、出来るだけ空腹時を選びましょう。
シルデナフィルは食事の影響を受けやすいという事もあり、食後すぐに服用してしまうと効果が落ちてしまう可能性があります。
また脂っこい高カロリーな食事も、吸収の妨げとなるので避けるのが基本です。
服用するタイミングは性交渉を行う、1時間ほど前がベストと言われています。
1回1錠の服用で約4時間から6時間程度効果が持続します。

バイアグラと同じ有効成分を配合しているという事もあり、カマグラでも同じ副作用が起こります。
副作用として挙げられるのは、顔の火照りや鼻づまり、軽い頭痛、軽い動悸といった症状です。
これらの副作用は、より効果をアップしようと過剰摂取するなど間違った服用方法をしてしまうと起こりやすくなります。
体にも負担となるので、正しい服用方法でカマグラを活用しましょう。
カマグラは個人輸入で購入することも可能となっています。もちろん価格は先発品と比べて安くなっていますので、経済的であるという特徴は変わりません。
カマグラを買うならこのリンクから!

カマグラとカマグラゴールドの違いとは?

バイアグラのジェネリックとして、「カマグラ」は国内だけでなく世界的に有名です。
ただ、インターネットなどでED治療薬を検索すると、カマグラと「カマグラゴールド」という名前を見た事がある方も多いでしょう。
同じカマグラという文字が使われている、この2つのED治療薬に違いがあるのか気になる所です。

実はカマグラもカマグラゴールドも、含まれている有効成分は同じです。
バイアグラのジェネリック薬ですので、同じ「シルデナフィル」という有効成分が配合されています。
何となくゴールドという文字がついていると、より効果が高いように感じてしまいますが両方、含まれているシルデナフィルの量は同じです。

有効成分の含有量も同じという事もあり、カマグラもカマグラゴールドも効果に違いがありません。
では何故、ゴールドという文字がついているものと、ついていないものがあるのかというと物流が関係しています。
カマグラはインドの医薬品メーカーで作られているED治療薬です。
この医薬品メーカーではインド国内で流通させるものは「カマグラ」という名称にしています。
インド以外の国外で販売するものは「カマグラゴールド」です。

同じ医薬品メーカーが同じ成分・同じ製造方法で作っているため、どちらも効果効能は同じとなっています。
購入する際、名称で悩んでしまう方もいるようですが、ゴールドがついていてもいなくても、同じED治療薬ですので選ぶ際は名称を気にしないようにしましょう。

また、カマグラには錠剤タイプだけでなく、ゼリータイプやチュアブルタイプ、発泡タイプなど色々な種類がありますが、やはり有効成分は同じシルデナフィルです。
好みのタイプを選ぶと良いでしょう。